• LINE
  • Youtube
  • Twitter
  • Instagram

ホリプロチケットセンター

03-3490-4949

11:00~18:00(平日)/ 定休日(土・日・祝)English

ホリプロステージ

チケット購入

作品公式アカウント

  • Twitter
  • Instagram

遂に日本初演決定!! きみは最高にロックだ!

タイトル
ミュージカル『スクールオブロック』
期 間
2023年8月~9月
会 場
チケット販売

今春発売予定

作品公式アカウント

  • Twitter
  • Instagram

デューイ・フィン役:西川貴教(Wキャスト)/撮影:HIRO KIMURA

デューイ・フィン役:柿澤勇人(Wキャスト)/撮影:HIRO KIMURA

「スクール・オブ・ロック」Blu-ray 2,075 円 (税込)DVD 1,572 円 (税込)発売元 NBCユニバーサル・エンターテイメント

2003年、ジャック・ブラックが主演し、後にロック映画の金字塔と銘打たれることとなる映画「スクール・オブ・ロック」が全米で公開された。公開されるや否や、老若男女誰でも笑って泣いて楽しめるロック音楽コメディ映画として全米TOP1大ヒットとなり、翌年には日本でも公開され、ヒットを記録。劇中で披露される、数千人の中から選ばれた子ども達の生演奏も話題となった。

そして2015年、ブロードウェイにてミュージカル化。そのプロデュースと楽曲を手がけたのは、『オペラ座の怪人』『キャッツ』など世界的大ヒット作品を次々と世に送り出してきている、言わずと知れた作曲家、アンドリュー・ロイド=ウェバー氏だ。作詞には、ディズニーミュージカル『リトル・マーメイド』やディズニー・アニメーション映画「塔の上のラプンツェル」のグレン・スレイター氏、脚本は英ドラマ「ダウントン・アビー」やミュージカル「メリー・ポピンズ」のジュリアン・フェロウズ氏という最高のクリエイターが集結し、ミュージカル『スクールオブロック』が誕生。ブロードウェイでの開幕から間も無く、2016年にはイギリス・ウエストエンドでも開幕し、世界の演劇界を牽引する2大都市で大ヒットを記録している。本作は、ミュージカルのみならず、2016年にはアメリカにてドラマ化された。2016年・2017年と2年連続でエミー賞にノミネート、日本でもNHK Eテレにて放送され、今なお世代を越えて大人気作品だ。

そんな大ヒット作品のミュージカル版が2020年、日本版キャストでの日本初演が予定されていたが、新型コロナウィルス感染拡大により、全公演中止を余儀なくされた。この度、3年の時を経て、遂に日本版キャストで上演されることが発表された。エネルギッシュかつ心を打つ音楽を通して、「本当の自分とは何なのか」現代を生きる大人たちに気づかせてくれ、作品を見ている数時間は全てを開放し、明日を生きる活力をくれる。

 

FEATURE・INTERVIEW

特集記事・インタビュー

STORY

ストーリー

アマチュアロックバンドのギタリストのデューイ(西川貴教/柿澤勇人)は心からロックを愛する男だったが、その熱すぎる情熱と勝手なパフォーマンスが原因でバンドをクビになってしまう。友人ネッド(梶 裕貴/太田基裕)のアパートに居候しているデューイだが、貧乏で家賃すら払えず、ネッドの恋人パティ(はいだしょうこ/宮澤佐江)と喧嘩し住む場所も無くなりそうな最悪な状況に。そんな時、ネッドに私立学校の臨時教師の話が舞い込み、仕事が欲しかったデューイはネッドになりすまして名門ホレス・グリーン学院へと向かう。
厳格なロザリー校長(濱田めぐみ)のもとエリート進学校として名高いホレス・グリーン学院だが、デューイは厳格な規律の多い学校で過ごす子供たちが無気力な事に気がつき、さらに担任したクラスの子供たちに音楽の才能があることも見つけ、子供たちとバンドを組んでバンドバトルに出場することを思いつく。そして、学校や親に気づかれぬよう、授業と称して子供たちにロックのあらゆることを教え始める。クラシックしか耳にしたことがないような生徒たちは、最初は困惑していたが、やがてデューイの陽気な人柄やロックの開放感、ありのままの自分を認めてくれるデューイに魅力を感じはじめ、一緒にバンドバトルを目指して猛練習を始める。ある日、デューイが偽物教師だということがバレてしまうが、デューイとのロックを通し変わり始める子ども達の変化は、周囲の大人たちをも変えていくことになる。

CAST STAFF

キャスト・スタッフ

キャスト
デューイ・フィン役:西川貴教/柿澤勇人(Wキャスト)
ロザリー・マリンズ役:濱田めぐみ

ネッド・シュニーブリー役:梶 裕貴/太田基裕(Wキャスト)
パティ・ディ・マルコ役:はいだしょうこ※/宮澤佐江(Wキャスト)

阿部 裕、神田恭兵、栗山絵美、多岐川装子、俵 和也、丹宗立峰、ダンドイ舞莉花、中西勝之、西野 誠、湊 陽奈、安福 毅 (五十音順)
スウィング:AYAKA、森内翔大

※はいだしょうこ:ロザリー・マリンズ役カバー
※子役キャストは後日発表
スタッフ
音楽:アンドリュー・ロイド=ウェバー
脚本:ジュリアン・フェロウズ
歌詞:グレン・スレイター
日本版演出・上演台本:鴻上尚史
訳詞:高橋亜子
音楽監督:前嶋康明
振付:川崎悦子
美術:松井るみ
照明:中川隆一
音響:山本浩一
衣裳:十川ヒロコ
ヘアメイク:宮内宏明
歌唱指導:山口正義
歌唱指導補:堂ノ脇恭子
演出補:豊田めぐみ
演出助手:元吉庸泰
舞台監督:北條 孝

SCHEDULE

公演スケジュール

<東京公演>
期間:2023年8月~9月
会場:東京建物Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)
主催:ホリプロ/フジテレビジョン/TOKYO FM/キョードーファクトリー
企画制作:ホリプロ

大阪公演あり

チケット購入