追いかけていたのは、君じゃなくて僕だった

 

音楽・作詞ニール・バートラムと脚本ブライアン・ヒルの手によって、2009年にブロードウェイで初演され、ドラマ・デスク・アワードにノミネートされた『ストーリー・オブ・マイ・ライフ』。

2019年に日本初演、2021年には2ペアで再演し、好評を博した本作が2024年、待望の3度目の上演を迎える。
故郷を同じくする2人の男アルヴィンとトーマスが紡ぎ出す友情の物語であると同時に、お互いの人生を永遠に変えた二つの魂の物語を、美しく輝く音楽と共にお届けします!

ダイナミックで美しい音楽と共に、二人の生涯の友情を描いた本作が待望の3度目の上演!

ミュージカル『ストーリー・オブ・マイ・ライフ』

期 間

2024年11月5日(火)~11月15日(金)

会 場

よみうり大手町ホール

上演時間

110分(休憩なし)予定

チケット

今夏発売開始
9,500円(全席指定・税込)

▲ クリックでチラシをダウンロード

News

最新の記事はありません

Cast

太田基裕

アルヴィン

牧島 輝

トーマス

山崎大輝

アルヴィン

小野塚勇人

トーマス

アルヴィン:太田基裕
トーマス:牧島 輝

 

アルヴィン:山崎大輝
トーマス:小野塚勇人

Staff

作詞・作曲 ニール・バートラム
脚本 ブライアン・ヒル
演出 高橋正徳(文学座)
   
翻訳・訳詞 保科由里子
音楽監督 中野裕子
ステージング 神崎由布子
美術 乗峯雅寛
照明 柏倉淳一
音響 大野美由紀
衣裳 小林巨和
ヘアメイク 宮内宏明
歌唱指導 満田恵子
演出助手 石田恭子
舞台監督 長沼 仁
   
主催 読売新聞社/ぴあ/ホリプロ
企画制作 ホリプロ

Tickets & Schedule

Tour

※ツアー公演あり

Story


人気短編小説家のトーマス(牧島 輝/小野塚勇人)は、幼なじみのアルヴィン(太田基裕/山崎大輝)の突然の死に際し、弔辞を読むために故郷へと帰って来る。葬儀が始まるというのに、アルヴィンへ手向ける言葉が思い浮かばないトーマスの目の前に、突然死んだはずのアルヴィンが現れ、トーマスを自らの心の奥深くへと導いていく。そこには延々と続く本棚があり、トーマスの思い出とふたりの人生の“真実の物語”を記した原稿や本が存在していた。アルヴィンは、その中から弔辞に相応しい2人の物語を選び、トーマスの手助けを始める。トーマスはそれを拒み、助けを借りずに弔辞を書くと言い張るが、アルヴィンは気にもとめず、次々と物語を選び、語っていく。いくつもの物語が語られるにつれ、2人の間に存在した数々の埋もれてしまっていた小さな結びつきが明らかになっていく…

Special

PICK UP CONTENTS