特集・インタビュー

【2/5(月)から最速先行開始】舞台『未来少年コナン』キャスト第一弾発表&チケット情報解禁!宮崎駿初監督アニメがインバル・ピントの手で舞台に。
  • チケット
  • 公演情報

宮崎駿初監督作品として知られる日本アニメーション制作アニメの初舞台化作品『未来少年コナン』のキャスト第一弾及び公演概要が発表となった。さらに詩人の大崎清夏が歌詞を担当することも決定。異次元の想像力で魅了するインバル・ピントとダビッド・マンブッフの演出で2024年5月6月に東京芸術劇場 プレイハウスにて上演予定の本作。東京公演の最速抽選先行は2月5日(月)より開始。

左より)加藤清史郎、成河、門脇 麦、宮尾俊太郎、今井朋彦、椎名桔平

原作:日本アニメーション制作「未来少年コナン」
演出・振付・美術:インバル・ピント
演出:ダビッド・マンブッフ
脚本:伊藤靖朗
音楽:阿部海太郎
作詞:大崎清夏

【東京公演】
期間:2024年5月28日(火)~6月16日(日)
会場:東京芸術劇場 プレイハウス
※ツアー公演あり

「未来少年コナン」は、日本アニメーション制作により1978年に宮崎駿が初監督したアニメーションシリーズ。
最終戦争後の荒廃した地球を舞台に、恐れを知らない野生児コナンがなおも権力にしがみつく人間たちと戦う、胸躍る冒険アドベンチャー。鳥と心を通わせる能力を持つ少女や、様々な飛行メカ、異変を予知する虫の大群など・・・躍動感あふれる描写や、世界観は、その後の宮崎作品へと受け継がれていく要素がぎっしり詰まっている。

個性豊かな俳優陣が舞台『未来少年コナン』をステージへ。

「未来少年コナン」を舞台化するのは、日本ではミュージカル『100万回生きたねこ』や村上春樹原作の『ねじまき鳥クロニクル』などを手掛け、その唯一無二の空間演出で観客を魅了し続けているインバル・ピント。そして、世界的振付家マギー・マランの子息で多彩なクリエイターであるダビッド・マンブッフが共に演出を担う。脚本は、舞台芸術集団 地下空港主宰で国際的にも活躍している劇作家・演出家伊藤靖朗、そして音楽は優れた美的感覚と知性から生まれる音楽表現を武器に、舞台、テレビ番組、映画など幅広い分野で作曲活動を行い、近年ではNHK「らんまん」の音楽を手掛けた阿部海太郎。その音楽に舞台公演や映像作品でのコラボレーションも多数手がける詩人大崎清夏が歌詞を乗せる。

兼ねてより宮崎作品を敬愛していたインバル・ピントとダビッド・マンブッフ。二人の想像を超える感性で、芝居だけでなく、ダンス、歌や音楽、美術、衣裳、照明などを巧みに操り、芸術的かつ身体的な表現で、新しい舞台芸術作品を誕生させる。

超人的な運動神経をもつ素直で正義感の強いコナンを演じるのは、1歳から芸能活動をはじめ、留学を経て22歳となった現在も映像作品からミュージカルまで様々な話題作で活躍する加藤清史郎。
コナンの相棒となるジムシー役に、どんな役でも自分のものにする演技力と身体能力でインバル作品にも多数出演している成河。コナンと出会い葛藤しながら心が揺れ動くモンスリー役に、その唯一無二の存在感で現在主演を務めるテレビドラマでも注目される門脇 麦。どこか憎めない自由を求める海の男・船長ダイス役に、日本を代表するバレエダンサーであり俳優としても映像作品やミュージカルで活躍する宮尾俊太郎。コナンと対峙する影の独裁者レプカ役に、数々の舞台・映像作品に出演し、インバル作品にはミュージカル『100万回生きたねこ』以来の出演となる今井朋彦。コナンの育ての親おじいと、ラナの祖父ラオ博士の二役を演じるのは、海外とのコラボ作品も含め幅広い映像作品で活躍しその柔軟性と表現力に定評のある椎名桔平。
才能あふれる経験豊かな俳優陣が集結し、彼らの化学反応に期待が高まる。
その他の俳優キャストおよびダンサーキャスト・ミュージシャンについては後日発表。

コナンが友情を知り、地球の広さと美しさを知り、大切な仲間と共に困難に立ち向かっていく…
アニメ「未来少年コナン」の魅力を、これまでも圧倒的な世界観で観客を魅了してきたインバルがダビッドと共にステージに変換。ダンスや歌や生演奏などライブパフォーマンスだからこそ出来る表現をお届けする。

<プロフィール(再掲)>

■インバル・ピント Inbal Pinto(演出・振付・美術)
1969年にイスラエルで生まれる。5歳でダンスを始め、エルサレムベザル・アカデミグラフィックアートを学ぶ。ダンサーとしてバットシェバ舞踊団に在籍。90年から振付の活動を始め、93年『Dio-Can』で本格的にデビュー。00年、『Wrapped』でニューヨークのベッシー賞を受賞。93年にダンスカンパニーを創設し、数々の作品を創作。日本でも『オイスター』や『ウォールフラワー』等の作品が紹介されている。ダンス以外にオペラやCMも手がけている。07年、イスラエル文化賞とテルアビブ市賞を受賞。11年、『Toros』と『RushesPlus』でイスラエル文化賞を受賞。13年、佐野洋子原作の絵本『100万回生きたねこ』をアブシャロム・ポラックとの共同演出にて舞台化し、読売演劇大賞優秀演出家賞・作品賞を受賞。その他、日本での作品に、17年、百鬼オペラ 『羅生門』(アブシャロム・ポラックとの共同演出)、20年・23年『ねじまき鳥クロニクル』(原作・村上春樹、アミール・クリガ―との共同演出)がある。

■ダビッド・マンブッフ David Mambouch(演出)
ダビッド・マンブッフは、フランス国立民衆劇場の専属パフォーマーとして活動する傍ら、脚本家や演出家としても、舞台や、複数の映画を手掛ける。
脚本作品として『First Stripes』、『Walk Out』などがある。
また、自身の母親である世界的振付家マギー・マランのカンパニーとのコラボにおいては、『May B』や『Umwelt』の再演でパフォーマーとして出演し、そして映画『Nocturnes』、『May B』、『Umwelt』、ドキュメンタリー映画『Maguy Marin: Time to Act』の監督も務めた。
さらに、マギー・マランとの共同制作による『Singspiele』などの作品において、サウンドトラックも手掛け、多方面で才能を発揮している。

キャストコメント

■加藤清史郎(コナン役)

まず、この素敵な出会いに感謝です。
僕は『未来少年コナン』が本当に大好きになりました。素敵な方々によって手がけられたこの大好きな作品をこんなにも素敵な方々と一緒に舞台化させていただけること、心より嬉しく思うと同時に、とっっっても緊張しています。笑
ですが! 本当の太陽に育まれた少年コナン、本当の意味であのタンクトップと短パンが似合うように、そして、今の時代を生きる皆様にこそ観ていただきたい、そう胸を大きく張って言うことができる『未来少年コナン』を作り、お届けするために精一杯精進致します。
最後に、本っ当に楽しみです!

<プロフィール>
1歳から芸能活動を始め、2009年NHK大河ドラマ「天地人」で主人公の幼少時代を演じ注目される。11年映画「忍たま乱太郎」で主役・猪名寺乱太郎役を演じ、同年『レ・ミゼラブル』ガブローシュ役で初舞台を踏む。海外留学後、21年にはTBS系ドラマ日曜劇場「ドラゴン桜」に出演。その後も様々な話題作に出演し、昨年の7月には日本テレビ系報道番組「news zero」で金曜パートナーを務めるなど幅広く活躍中。近年の主な出演作に、舞台『ビー・モア・チル』『るろうに剣心 京都編』『ニュージーズ』『LUPIN~カリオストロ伯爵夫人の秘密~』、映画「ゆとりですがなにか インターナショナル」、TV「最高の教師 1年後、私は生徒に■された」(NTV)などがある。

■成河(ジムシー役)

またインバルの作品に参加させていただけることが何よりも嬉しいです。座組も新旧入り混じり、新しい挑戦の始まりにワクワクしています。知り合いに「コナンやるんだよ」と言うとまず確実に名探偵かと思われるのですが、違います。未来少年です。インバルが宮崎駿ファンなのは聞いていましたが、まさかそこかと唸りました。まだまだ稽古前なので妄想ばかり膨らむ毎日ですが、インバルにしか出来ない、インバルらしい作品に仕上がるよう、そして原作ファンの方々にインバルの事が大好きになってもらえるよう、座組一丸となって、細部にまでこだわった創作に励みたいと思います。

<プロフィール>
東京都出身。大学時代より演劇を始める。北区つかこうへい劇団10期生。数々の国内外の著名演出家の舞台に出演。2008年文化庁芸術祭演劇部門新人賞、11年第18回読売演劇大賞優秀男優賞、22年第57回紀伊國屋演劇賞個人賞などを受賞。
インバル・ピント演出作品は、『100万回生きたねこ』(15年)、『ねじまき鳥クロニクル』(20年、23年)に続き3作目。近年の主な出演作に、【舞台】『COLOR』(小山ゆうな演出)、『建築家とアッシリア皇帝』(生田みゆき演出)、木ノ下歌舞伎『桜姫東文章』(岡田利規演出)、『ラビット・ホール』(藤田俊太郎演出)、『ある馬の物語』(白井晃演出)、『桜の園』(ショーン・ホームズ演出)、【映画】「カツベン!」、【ドラマ】「鎌倉殿の13人」(NHK)など。

門脇 麦(モンスリー役)

こんなに早くインバルとまた仕事ができるなんて!海太郎さんとまたご一緒できるなんて!あのコナンと舞台上で会えるなんて!幸せづくしで夢心地です。
高い壁と向き合う日々が始まろうとしていますが、心強い仲間たちとともに楽しみながら乗り越えていこうと思います。

<プロフィール>
1992年、東京都生まれ。映画「愛の渦」(2014年)、「二重生活」(16年)、「止められるか、俺たちを」(18年)などで数々の映画賞を受賞。大河ドラマ「麒麟がくる」(20年)でヒロインを演じ、昨年はドラマ「リバーサルオーケストラ」(日本テレビ)、「ながたんと青とーいちかの料理帖ー」(WOWOW)、映画「ほつれる」で主演を努め、インバル・ピント演出の舞台『ねじまき鳥クロニクル』(村上春樹原作)で笠原メイ役を演じた。現在放送中の「厨房のありす」(日本テレビ/日曜22:30)で自閉スペクトラム症の料理人ありすを演じている。

■宮尾俊太郎(ダイス役)

子供の頃に大好きだった未来少年コナン、そして今も大好きな宮崎駿さんの作品に関われることを大変嬉しく思います。あの世界を演出のインバル・ピントさんをはじめ今回のチームで一体どんな形になっていくのか楽しみです。どんな時代も力強く生き抜く人間の性根を表現できたらと思います。

<プロフィール>
北海道出身。バレエダンサー、俳優。2004年から20年までK-BALLET COMPANYにてプリンシパルとしてほぼ全ての作品に主演として出演。ドラマ「下町ロケット」「私の家政婦ナギサさん」、映画「ウェディングハイ」など映像作品にも多数出演。 現在は舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』にドラコ・マルフォイ役で出演中。

■今井朋彦(レプカ役)

インバルとの創作は『100万回生きたねこ』以来、2度目になります。
前回の稽古場の印象は「雑然」でした。
舞台でダンスの振付けが始まったかと思うと、ピアノのそばでは歌の練習が始まり、別の一角では芝居の稽古が始まる・・・しかも同時並行で(笑)。
まるでクラフト工房のように、それぞれのパーツを、それぞれの職人があちこちで作っている。やがてそれらが劇場という空間でひとつになる。そんな工程を共にした感覚があります。今回はどんなパーツを、どんなオーダーで作ることになるのか、今から楽しみです。

<プロフィール>
1987年、文学座研究所に入所。2020年の退団まで数々の舞台に出演。第62回芸術選奨文部科学大臣新人賞(『破産した男』)、第9回読売演劇大賞優秀男優賞(『コペンハーゲン』他)などを受賞。演出家としても活躍している。近年の主な出演作品に、舞台『月とシネマ2023』『オイディプス王』『カミの森』(23年)、『ショウ・マスト・ゴー・オン』『こどもの一生』『アーモンド』(22年)、『4』『アリージャンス~忠誠~』(21年)、ドラマ「ラストマン」(23年・TBS)、「混声の森」(22年・NHK)、「准教授・高槻彰良の推察」(21年・東海テレビ×WOWOW)など。「地球ドラマチック」(Eテレ)のナレーションも担当している。2月6日より舞台『中村仲蔵 ~歌舞伎王国 下剋上異聞~』に出演。  

■椎名桔平(おじい役/ラオ博士役)

2018年の舞台『レインマン』でご一緒したプロデューサーから、大好きな演出家だと聞かされて観劇した舞台が事の始まりでした。
村上春樹さんの原作を舞台化したその作品は、歌やダンスを積極的に取り入れた演出でファンタジーに溢れていました。その演出家のインバル・ピントさんの新作に参加が決まり、今からワクワク&ドキドキです。
そして今回、宮崎駿さんの「未来少年コナン」を舞台化するという。
名作なのは勿論、今の時代だからこそ胸に突き刺さる「新たな物語」として、皆さんにお届け出来たらと思っています。

<プロフィール>
1964年7月14日生まれ  三重県出身。93年の映画「ヌードの夜」で注目を集め、以降多数の作品に出演。99年の出演映画「金融腐蝕列島 呪縛」では第23回日本アカデミー賞優秀助演男優賞など多くの賞を受賞。ドラマや映画などで幅広く活躍中。

日本アニメーションより舞台化にあたりコメント到着

■平塚仁美(日本アニメーション 取締役・国際部部長 同プロジェクト・リーダー)
「「未来少年コナン」を舞台に…」というお話を、ホリプロご担当者様よりいただいた時には、大変嬉しく思い、「どのような舞台になるのだろう?」と胸が躍りました。その直後、社会は「コロナ禍」に覆われ、ライブエンターテインメントにとって厳しい時間が経過していきましたが、ホリプロスタッフの皆様による熱意が、インバル・ピントさんとダビッド・マンブッフさんがタッグを組むという、この上ないスタッフ・キャストによる舞台企画として、ここに実を結ぶ形になりました。開発初期に伺った「歳月を経ても色褪せないエバーグリーンな舞台を目指したい」という言葉が今でも思い出されます。関係者の皆様には、心より感謝しております。早くも、仕事を忘れてひとりの観客として楽しみたいという思いでいっぱいです。

■石川和子(日本アニメーション代表取締役社長)
「未来少年コナン」舞台化 ありがとうございます。アニメーションに携わってくださった宮崎監督をはじめとしたスタッフの皆様、さらにホリプロご担当様をはじめ、舞台化に尽力くださった皆様に厚く御礼申し上げます。2025年の弊社創業50周年を前に、身が引き締まるような思いで、舞台化ニュースを伺いました。
「未来少年コナン」には、この作品でなければお届け出来ない元気なメッセージが宿っていると思います。
その元気がステージできっと花開くことだと信じています。

東京公演詳細

<東京公演>
期間:2024年5月28日(火)~6月16日(日)

会場:東京芸術劇場 プレイハウス
主催・企画制作:ホリプロ
共催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京芸術劇場
※ツアー公演あり

<チケット料金> 
S席:平日11,000円/土日11,800円
サイドシート:平日・土日共通9,000円
(全席指定・税込) 

【期間限定販売】
・U-25:6,500円(25歳以下対象チケット)
・Yシート:2,000円(20歳以下対象チケット)※ホリプロステージのみ取扱い
・高校生以下:1,000円※東京芸術劇場ボックスオフィスにて前売りのみ取り扱い(3月21日から発売)

座席表>>https://bit.ly/4biCd79

<チケット販売スケジュール>

【抽選先行】
2月5日(月)12:00 ~2月12日(月祝)23:59

抽選当落発表日:
ゴールド会員=2月21日(水)
レギュラー会員=2月22日(木)

【先着先行】
ゴールド会員=2月25日(日)9:00~3月17日(日)23:59
レギュラー会員=2月25日(日)10:00~3月17日(日)23:59

【一般発売・U-25(25歳以下限定・6,500円)】
3月21日(木)11:00~

【Yシート(20歳以下限定・2,000円)】
3月25日(月)17:00~3月31日(日)23:59

※注意事項※
抽選先行にお申込みご希望の場合はホリプロステージゴールド会員にご入会(年会費10,000円)、もしくはホリプロステージレギュラー会員(無料)にご入会の上抽選先行チャージ制度をご利用ください。
■ホリプロステージゴールド会員/レギュラー会員について>>https://horipro-stage.jp/member/
■抽選・先着先行/Yシート・U-25チケットについて>>https://horipro-stage.jp/news/fbconan2024_ticketinfo/

東京公演イベント

■ステージセット解説イベント

終演後に異次元の想像力で魅了する演出家 インバル・ピントが生み出した魅惑的な舞台美術やその仕掛けを、舞台スタッフの解説でご紹介いたします。
観劇の余韻が一層深まる貴重な機会です。ぜひご参加ください!

【対象日程】
6月7日(金)13:30
6月11日(火)13:30
6月13日(木)13:30

■舞台見学ツアー[各回定員60名]

上記の解説イベント終了後、さらに舞台上に上がり、客席からは見ることが出来ないセットの裏側や舞台に登場する道具類を間近にご覧いただけるミニツアーを開催いたします。こちらは参加券の購入が必要となります。

【舞台見学ツアー参加券 】
発売日:3月30日(土)10:00~
料金:1,000円

※発売窓口の詳細は後日のご案内となります。

【対象日程】
6月7日(金)13:30
6月11日(火)13:30
6月13日(木)13:30


※こちらのイベントは舞台見学ツアー券をお求めの方に限りご参加いただけます。
※舞台見学ツアーはステージセット解説イベント後の開催になります。お時間に余裕を持ってご参加ください。

公演概要

舞台『未来少年コナン』

<キャスト>
コナン:加藤清史郎
ジムシー:成河
モンスリー:門脇 麦
ダイス:宮尾俊太郎
レプカ:今井朋彦
おじい・ラオ博士:椎名桔平
ほか

※その他の俳優キャストおよびダンサーキャスト・ミュージシャンについては後日発表。

<スタッフ>
原作:日本アニメーション制作「未来少年コナン」
演出・振付・美術:インバル・ピント
演出:ダビッド・マンブッフ
脚本:伊藤靖朗
音楽:阿部海太郎
作詞:大崎清夏
照明:ヨアン・ティボリ
音響:井上正弘
ヘアメイク:宮内宏明
通訳:石丸由紀
美術助手:大島広子
振付助手:皆川まゆむ
演出助手:陶山浩乃
舞台監督:足立充章

<ストーリー>
西暦20XX年、人類は超磁力兵器を使用し、地球の地殻を破壊、大変動が起こった。五つの大陸はことごとく海の底に沈み、栄華を誇った人類の文明は滅び去った。それから20年後、孤島・のこされ島では少年コナンが育ての親・おじいと二人で暮らしていたが、ある日、謎の少女ラナが島に流れ着き、コナンの運命が動き出す。島には工業都市インダストリアから行政局次長モンスリーが飛来して、ラナを誘拐してしまう。コナンはラナを助け出すため、いかだに乗って冒険の旅に出ることに。 旅先では謎の野生児・ジムシーやインダストリアの貿易局員・船長ダイスなどと出会ってゆく。一方、自然に溢れたラナの故郷・ハイハーバーには、天才科学者・ブライアック・ラオ博士の居どころを探すインダストリアの行政局長レプカ率いる兵士たちが襲いかかる。コナンは仲間たちと巡り合い、大切な人を守るために様々な困難に立ち向かってゆく。そして人類に残された世界で、新しい未来を切り拓いてゆくのであった。

公式HP:https://horipro-stage.jp/stage/fbconan2024/
公式X:@fbconanstage
公式Instagram:@fbconanstage

PICK UP CONTENTS