ホリプロステージ

Follow Us On

  • LINE
  • Youtube
  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook

ホリプロチケットセンター

03-3490-4949

10:00〜18:00(平日)/ 10:00〜13:00(土)/
定休日(日・祝)

ホリプロステージ

チケット購入

日本演劇界 二大スター市村正親と草笛光子 夢の共演!

タイトル
ドライビング・ミス・デイジー
期 間
2019/6/22(土)~7/15(祝・月)
会 場
チケット販売
  • 一般販売中

2019/2/23(土)

料 金
9,800円(税込・全席指定)
※未就学児入場不可
上演時間
未定
ブロ一ドウェイ・ロングラン!ピューリッツアー賞受賞!アカデミー賞受賞!
数々の賞に輝き、世界中の人々の胸を熱くし感動を与えた『ドライビング・ミス・デイジー』

舞台『ドライビング・ミス・デイジー』は、1987年4月15日ニューヨーク市のプレイライツ・ホライゾンズ(芸術監督:アンドレ・ビショップ、エクゼクティブ・ディレクター:ポール・S・ダニエルズ)で上演された。

演出はロン・ラゴマーシーノ、セット・デザインはトーマス・リンチ、衣裳デザインはマイケル・クラス、照明デザインはケン・タバチニック、付随音楽はロバート・ワルドマン、プレス代表はボブ・ウルマン、プロダクション・マネージャーはカール・ムラート、舞台監督はアン・マリー・クーフリング。

ミュージカル『パレード』の脚本アルフレッド・ウーリーが1985年最後の力をふり絞って書いたこの戯曲は、世界中の人々の胸を熱くし、ブロ一ドウェイでは3年問のロングラン。1987年ピューリッツァー賞受賞。

映画では1989年アカデミー受賞。世界中の人々に感動を与えた。

 

■市村正親 公式HP公式HP

■草笛光子 公式HP

■堀部圭亮 公式HPTwitter

PICK UP

特集・ピックアップ

COMING SOON

STORY

ストーリー

1948年、夏。長年勤めた教職を退いた未亡人のデイジー(草笛光子)は、ある日運転中に危うく事故を起こしかけ、母の身を案じた息子のブーリー(堀部圭亮)は、彼女の専用の運転手としてホーク(市村正親)という初老の黒人を雇う。しかし典型的なユダヤ人で、元教師のデイジーには、運転手なんて金持ちぶっているようで気性が許さなかった。どうしても乗車拒否を続けるデイジーは、黙々と職務に励む飄々としたホークの姿に根負けし、悪態をつきながらも車に乗ることになる。
こうして始まったデイジーとホークの奇妙で不思議な関係は、1台の車の中で、やがて何物にも代えがたい友情の絆を生み出してゆく。そして25年の歳月の流れの中で、初めてホークはニュージャージー州外を旅し、またデイジーはキング牧師の晩餐会に出席したりした。いつしか頭がボケ始めたデイジーは施設で暮らすようになり、長年住み馴れた家も売ることになった。しかしデイジーとホークの友情は、変わることなく続くのだった。

CAST STAFF

キャスト・スタッフ

キャスト
市村正親
草笛光子
堀部圭亮
スタッフ
作:アルフレッド・ウーリー
翻訳:芦沢みどり
演出:森 新太郎
美術:中越 司
照明:佐々木真喜子
音響:高橋 巖
衣裳:ゴウダアツコ
ヘアメイク:佐藤裕子
演出助手:石田恭子
舞台監督:瀧原寿子

<登場人物>

ホーク・コールバーン・・・運転手:市村正親
デイジー・ワーサン・・・・未亡人:草笛光子
ブーリー・ワーサン・・・・デイジーの息子:堀部圭亮

 

作者:アルフレッド・ウーリー Alfred Uhry 略歴



1936年12月、アトランタのドイツ系ユダヤ人家庭に生まれる。

母はソーシャルワーカー、父は家具デザイナー/アーティスト。アイビーリーグのブラウン大学在学中に、ミュージカルを2つ書く。
大学卒業後、ブロードウェイ・ミュージカルの作詞家として世に出るも、長い間ヒット作に恵まれなかった。
1987年に書いた『ドライビング・ミス・デイジー』がオフ・ブロードウェイで上演され、1988年度のピューリッツアー賞を受賞。
1989年に映画化され、主演したジェシカ・タンディーがアカデミー主演女優賞を、ウーリーが脚本賞を受賞。
その後、「アトランタ三部作」として書かれた2作品が、それぞれトニー賞を受賞した。

 

*アルフレッド・ウーリーの「アトランタ三部作」

舞台『ドライビング・ミス・デイジー』1987年初演。
舞台『THE LAST NIGHT OF BALLYHOO(バリフー最後の夜に)』1996年初演。アトランタオリンピックの関連文化事業として委嘱され、1997年トニー賞。
ミュージカル『パレード』(作詞・作曲/ジェイソン・ロバート・ブラウン)1998年初演。台本がトニー賞を受賞。

 

 

SCHEDULE

公演スケジュール

<東京公演>
期間:2019年6月22日(土)~7月15日(祝・月)<全21公演>
会場:紀伊國屋ホール
主催:ホリプロ/後援:TOKYO FM

 

ほか地方公演詳細は各主催にお問い合わせください。

<仙台公演>
期間:2019年7月17日(水)、18日(木)<2公演>
7月17日(水)18:30
7月18日(木)15:00
会場:電力ホール
主催:仙台放送

 

<名古屋公演>
期間:2019年7月23日(火)18:30 <1公演>
劇場:日本特殊陶業市民会館
主催:キョードー東海

カレンダーを見る

6

14:00

14:00

14:00

休演日

14:00

14:00

14:00

14:00

14:00

チケット購入

RECOMMEND

あなたにおすすめの作品