ホリプロステージ

Follow Us On

  • LINE
  • Youtube
  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook

ホリプロチケットセンター

03-3490-4949

10:00〜18:00(平日)/ 10:00〜13:00(土)/
定休日(日・祝)English

ホリプロステージ

チケット購入

PICK UP

特集・ピックアップ

『ピカソとアインシュタイン〜星降る夜の奇跡〜』脳がハッピーになるコメディ、いよいよ開幕!

  • レポート

2019年4月27日(土)

4月25日(木)、よみうり大手町ホールで開幕した『ピカソとアインシュタイン〜星降る夜の奇跡〜』フォトコールの様子、スタッフ・キャストからのコメントをご紹介します。

取材・文/小村早希

 


 

▼公演詳細ページはこちら

ピカソとアインシュタイン、とてつもない想像力&創造力を持つまだ20代の血気盛んな天才2人が、もし、本当に出会っていたら?平成から次の時代「令和」への節目に贈る、ファンタジック・コメディ!また、新時代への応援歌ともいえる本作だ。

BLUEチーム 左より:村井良大、三浦翔平、間宮啓行、松澤一之、吉見一豊、香寿たつき、水上京香

BLUEチーム 左より:香寿たつき、三浦翔平

BLUEチーム:三浦翔平

 

フォトコールでは、BLUEチームとROSEチーム、それぞれのシーンが公開された。
BLUEチームではアインシュタイン(村井良大)含め、ラパン・アジールに集う客たちがピカソ(三浦翔平)が店に来るのを願っていると、まさしくそこへピカソが登場するシーンが披露された。三浦は長い手足をめいいっぱい伸ばして劇場のすみずみまでエネルギーを放射する。もう一人の天才・アインシュタイン役の村井は、三浦とは逆にほとんど座ったまま。静かにしているのかとと思いきや、突然話し出しては三浦たちの好奇心をくすぐる存在となっていた。

ROSEチーム 左より:川平慈英、間宮啓行、松澤一之、香寿たつき、岡本健一

 

ROSEチームではピカソ(岡本健一)とアインシュタイン(川平慈英)の議論がいつの間にかラパン・アジール全体を巻き込み、まったく共通項がないと思っていた二人が議論を重ねるうちに自分たちの共通項に気づき始めるシーンが披露された。BLUEチームのピカソとアインシュタインとはまた違う色合いを見せるROSEチームは、川平がとにかく語りまくるアインシュタイン像を見せ、そんなアインシュタインをじっと眺めているピカソ役の岡本。だが、岡本も一度議論に火が付くと溢れんばかりの熱を放ち、この後どのような展開となるのか、気になる芝居を見せていた。

ROSEチーム 左より:川平慈英、間宮啓行、松澤一之

ROSEチーム:岡本健一

 

フォトコール後に行われた囲み取材には、岡本健一、川平慈英、三浦翔平、村井良大が演出のランダル・アーニーと共に出席し公演に向けた意気込みを語った。
以下、5人のコメント。

左より:村井良大、三浦翔平、ランダル・アーニー、岡本健一、川平慈英

 

■ランダル・アーニー(演出)
19年前に健一さん、慈英さんと同じ作品でご一緒させていただきましたが、また戻ってくることができた事を非常に喜んでいます。さらに若いお二方(三浦、村井)が二人の天才の違う局面を見せる事ができてとても嬉しいです。まったく同じ台詞を喋っていただき、同じステージ上の動線をたどっていただくんですが、4人ともそれぞれが独特のピカソ、独特のアインシュタインを演じていました。

 

■岡本健一(ROSEチーム、ピカソ役)
(川平と19年ぶりの共演について)タイムトラベルのようです。(三浦が同役を演じる事について)若いエネルギーに溢れていますね。若い、とは全然意識していなかったんですが、本当に若い人を見ると「(若いとは)こういう事か」と肌で感じました。もう自分はそこには戻れないと。だからといって戻りたいとは思わない。彼に負けないピカソを演じられたら。ピカソとアインシュタインという、今世紀を変えた二人が、若い頃はある種僕らと変わらない部分もあって、こんなに人間的だからこそ、こんな素晴らしい作品ができたのかという発見もあって、脳が刺激されます。

 

■川平慈英(ROSEチーム、アインシュタイン役)
(岡本と19年ぶりの共演について)若干、身体が重くなったかな(笑)?でも健一と再会した時、19年はさーっとなくなりました。むしろ僕たちは幼児化している。年を取る事で恥ずかしさがなくなっています。少年のような感じで取り組めたのが嬉しかったです
(村井が同役を演じることについて)彼らの演技を相当をパクっています!(村井の演技を見て)「あ、そういう事だったんだ」と初めて理解したこともあります。
僕らは相当疲弊しますが、ナチュラルハイ、ステージハイのような状態になり、ピカソと交わす激論が心地よくなってきています。

 

■三浦翔平(BLUEチーム、ピカソ役)
(岡本、川平の)お二人は土台がしっかりしているから大丈夫でしょうが、僕らは土台から作らないとならなかったので大変でした。僕はピカソの役を演じるにあたり、分からなくなるとすぐ健一さんに聴いて真似ていました。エネルギーでしか勝てないのでとにかく見て、学んでいました。

 

■村井良大(BLUEチーム、アインシュタイン役)
(先輩コンビの演技について)初演、再演と2回本番を経験していると全然違いますね。息もぴったりだし。そんな空気に僕らも追いつかないと、と必死でした。慈英さんの演技はパクりたくてもパクれない。“慈英さんイズム”がありすぎて(笑)!

 

 

(撮影:田中亜紀、宮川舞子)

上演時間は 90分(休憩なし)
公演は同劇場で5月9日(木)まで上演の後、大阪公演を控えている。

 

<東京公演 当日券販売のご案内>
開演の1時間前より、よみうり大手町ホール当日券窓口にて、先着順で販売致します。

【当日券料金】
S席:8,800円

【注意事項】
・当日券はお一人様1枚の販売となります。 
・各回の当日券状況についてはホリプロステージ当日券情報をご確認ください。

当日券情報はこちら >

 

 


 

【公演概要】

『ピカソとアインシュタイン〜星降る夜の奇跡〜』

<スタッフ>
作: スティーヴ・マーティン
演出: ランダル・アーニー

 

<キャスト>
ピカソ:岡本健一 三浦翔平
アインシュタイン:川平慈英 村井良大
シュザンヌ・伯爵夫人・バーの客:水上京香
サゴ:吉見一豊
フレディ:間宮啓行
ジェルメーヌ:香寿たつき
ギャストン:松澤一之
シュメンディマン:村井良大 川平慈英
未来からの訪問者:三浦翔平 岡本健一

★ROSE配役
ピカソ=岡本健一 アインシュタイン=川平慈英 シュメンディマン=村井良大 訪問者=三浦翔平

★BLUE配役
ピカソ=三浦翔平 アインシュタイン=村井良大 シュメンディマン=川平慈英 訪問者=岡本健一

 

上演時間:90分(休憩なし)
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
企画制作:ホリプロ

 

<東京公演>
日程:2019年4月25日(木)~5月9日(木)
会場:よみうり大手町ホール
チケット料金:S席 8,800円、U-25チケット 4,500円
主催:ホリプロ 後援:TOKYO FM


<大阪公演>
日程:2019年5月12日(日)
会場:森ノ宮ピロティホール
チケット料金:全席指定 9,800円
主催:関西テレビ放送/キョードーマネージメントシステムズ

特集・PICKUP一覧に戻る