ホリプロステージ

  • LINE
  • Youtube
  • Twitter
  • Instagram

ホリプロチケットセンター

03-3490-4949

11:00~18:00(平日)/ 定休日(土・日・祝)English

ホリプロステージ

チケット購入

FEATURE・INTERVIEW

特集記事・インタビュー

〜世界中で観客を魅了する魔法の舞台が日本でも大ヒット〜舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』東京公演の総観客数30万人突破!舞台の魔法シーンを盛り込んだ新PV公開

  • 公演情報
  • レポート

2023年1月13日(金)

2022年7月8日(金)に開幕した舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』東京公演は、1月13日(金)の昼公演をもって総観客数が30万人(※延べ人数)を突破。これを記念してアルバス・ポッターを演じている藤田 悠と福山康平のコメントを発表した。さらに、大ヒットを記念して多くのお客様からご好評をいただいている、舞台中のハリー・ポッターらによる魔法シーンをふんだんに盛り込んだ新PVを公式SNS等で公開。

 

世界中の観客を魅了する魔法の舞台が日本でも大ヒット!

舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』は、小説「ハリー・ポッター」シリーズの作者であるJ.K.ローリングが、ジョン・ティファニー、ジャック・ソーンと共に舞台のために書き下ろした「ハリー・ポッター」シリーズ8作目の物語です。2016年7月のロンドン初演以降、ニューヨーク、オーストラリア・メルボルン、サンフランシスコ、ドイツ・ハンブルク、カナダ・トロントの6都市で上演され、いずれの都市でも大ヒットを記録。さらには、60以上の演劇賞を世界中で獲得し、多くの観客を魅了してきた。

世界で7番目、アジア初上陸となる東京公演においても、2022年7月8日(金)の本公演開幕以降、全席完売となる公演が続き、本公演開幕から約2か月となる9月16日(金)に総観客数10万人を突破。その後も多くのお客様に来場いただき、1月13日(金)の昼公演をもって総観客数30万人を突破。観客向けのアンケート結果では、観た人の98.2%が「満足」と回答し、さらに、95.5%の人が舞台を「もう一度観劇したい」と回答。

 

【アルバス・ポッター役:藤田 悠】

30万人の方に舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』をご覧いただけたこと、大変幸せに思います。皆様が足を運んで観劇していただくことで、初めてこの作品は一つの完成の形を迎えていることを、常日頃実感しながら演じさせていただいております。僕たちと一緒にこの作品を作っていただき、本当にありがとうございます。
これからも共に駆け抜けていけたらうれしいです!

【アルバス・ポッター役:福山康平】

30万人。数字が大き過ぎて実感が湧きづらいですが、これだけ多くの方に足を運んでいただき、愛されている作品の一員でいられること、改めてうれしいです。僕自身の公演回数は既に130回くらい?(途中で数えるのを諦めました。笑)さらに役を深めていきます!
まだまだ続くロングラン。これから先50万人、100万人の方に魔法を届けていきます! 是非劇場にいらしてください!

 

観る人を虜にする、大好評の魔法シーンをふんだんに盛り込んだ新PV

総観客数30万人突破を記念して公開する新PVは、舞台を観たお客様から“まるで本当に魔法の世界に入り込んだよう”とご好評をいただいている魔法シーンをふんだんに盛り込んでおり、臨場感たっぷりに舞台の模様を伝えます。ハリー・ポッター、ハーマイオニー、ロンと小説・映画でおなじみの登場人物に加え、ハリーの息子アルバスをはじめとするそれぞれの子どもたち世代が繰り広げる魔法と冒険の物語の一端をお楽しみください。

左から)ハリー・ポッター役 石丸幹二、アルバス・ポッター役 福山康平

左から)ロン・ウィーズリー役 竪山隼太、ハーマイオニー・グレンジャー役 早霧せいな、ハリー・ポッター役 向井 理

左から)スコーピウス・マルフォイ役 門田宗大、アルバス・ポッター役 藤田 悠

左から)スコーピウス・マルフォイ役 斉藤莉生、アルバス・ポッター役 福山康平

左から)ハリー・ポッター役 石丸幹二、ハーマイオニー・グレンジャー役 中別府 葵

現在2023年5月末までの公演チケットを発売中だが、ご好評を受けて6月以降の公演継続と、9月までのチケット発売が決定している。また、ハリー・ポッター役をつとめる石丸幹二が7月中旬、向井理が5月31日(水)に最終出演日を迎えることも発表されており、2年目を迎える舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』東京公演の新しい展開に期待が高まっている。公演スケジュール・出演者等の詳細は、2023年1月下旬頃に改めて発表予定。

 

【チケット販売方法】
ホリプロステージ   https://harrypotter.horipro-stage.jp/

チケットに関するお問合せ:ホリプロチケットセンター 03-3490-4949
(平日11:00~18:00/定休日 土・日・祝)

 


■公演概要
【本公演】
[日程]上演中~2023年9月30日(土)
※2023年10月以降も上演予定
[会場]TBS赤坂ACTシアター
[上演時間]3時間40分 ※休憩あり

【主催】TBS ホリプロ The Ambassador Theatre Group
【特別協賛】Sky株式会社
With thanks to TOHO
In association with John Gore Organization

[あらすじ]
ハリー、ロン、ハーマイオニーが魔法界を救ってから19年後、
かつての暗闇の世を思わせる不穏な事件があいつぎ、人々を不安にさせていた。
魔法省で働くハリー・ポッターはいまや三人の子の父親。
今年ホグワーツ魔法魔術学校に入学する次男のアルバスは、英雄の家に生まれた自分の運命にあらがうように、父親に反抗的な態度を取る。幼い頃に両親を亡くしたハリーは、父親としてうまくふるまえず、関係を修復できずにいた。
そんな中、アルバスは魔法学校の入学式に向かうホグワーツ特急の車内で、偶然一人の少年と出会う。
彼は、父ハリーと犬猿の仲であるドラコ・マルフォイの息子、スコーピウスだった!
二人の出会いが引き金となり、暗闇による支配が、加速していく…。

<キャスト>

ハリー・ポッター 石丸幹二/向井 理
ハーマイオニー・グレンジャー  中別府 葵/早霧せいな
ロン・ウィーズリー エハラマサヒロ/竪山隼太
ドラコ・マルフォイ  松田慎也/宮尾俊太郎
ジニー・ポッター  馬渕英里何/白羽ゆり
アルバス・ポッター  藤田 悠/福山康平 
スコーピウス・マルフォイ 門田宗大/渡邉聖斗
嘆きのマートル 美山加恋
ローズ・グレンジャー・ウィーズリー 橋本菜摘
デルフィー 宝意紗友莉/岩田華怜
組分け帽子  木場允視
エイモス・ディゴリー 福井貴一
マクゴナガル校長   榊原郁恵/高橋ひとみ 

安藤美桜 安楽信顕 千葉一磨 半澤友美 川辺邦弘 小松季輝 前東美菜子 みさほ 扇 けい
尾尻征大  岡部雄馬 織詠 大竹 尚 大内慶子 佐竹桃華 佐藤雄大 篠原正志 鈴木翔吾
田口 遼 田中彩乃 手打隆盛 上野聖太 薬丸夏子 横山千穂
※名前の表記はアルファベット順

追加キャスト:髙橋英希 吉田 健悟
ルード・バグマンの声:吉田鋼太郎

※石丸幹二の出演は2023年7月中旬まで、向井理の出演は2023年5月31日(水)までとなります。

<スタッフ>
オリジナルストーリー:J.K.ローリング
脚本・オリジナルストーリー:ジャック・ソーン
演出・オリジナルストーリー: ジョン・ティファニー

■舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』公式Webサイト
https://www.harrypotter-stage.jp

■公式SNS
[Twitter]@hpstagetokyo(https://twitter.com/hpstagetokyo
[Instagram]hpstagetokyo(https://www.instagram.com/hpstagetokyo/
[Facebook]https://www.facebook.com/hpstagetokyo
[YouTube]https://youtu.be/9i2PRUPvmzE

特集・PICKUP一覧に戻る