ホリプロステージ

  • LINE
  • Youtube
  • Twitter
  • Instagram

ホリプロチケットセンター

03-3490-4949

11:00~18:00(平日)/ 定休日(土・日・祝)English

ホリプロステージ

チケット購入

FEATURE・INTERVIEW

特集記事・インタビュー

ミュージカル『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~』 ビジュアル撮影レポート第一弾

  • レポート

2022年8月26日(金)

2022年9月25日(日)~30日(金)まで、Bunkamuraオーチャードホールに上演されるミュージカル『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~』。初演の勢いをそのままにブラッシュアップを加え、今年9月に上演される。初演時にはミュージカルファンや原作のファンからその凝縮された内容、再現率の高さに驚きとオリジナルのミュージカルとしてのクオリティの高さに多くの称賛の声が寄せられた。

新キャストも加わりさらに進化をして再演を迎える本作の、ビジュアル撮影時の様子が公開された。

第二弾はこちら。

文:三浦真紀
宣伝衣裳:前田文子/宣伝ヘアメイク:馮 啓孝

 

 
▼ミュージカル『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~』

<東京公演>
期間:2022年9月25日(日)~30日(金)
会場:Bunkamuraオーチャードホール
主催:ミュージカル『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~』製作委員会

福岡公演あり

企画制作:ホリプロ

チケット一般発売中!

【8/22~各公演前日18:00】U25チケット: 6,500円

【購入者から抽選で製作発表にご招待】オリジナルTシャツ付チケット:14,000円

ドゥ マゴ パリ デザートセット付 S席チケット:14,500円/A席チケット:10,000円

 

◆ラオウ: 永井 大(Wキャスト)

 

 

永井は本作初登場。デザイナーに「楽しんで撮影に臨んでください」と言われて、「頑張ります!」と爽やかな笑顔を見せた。いつしかBGMに「揺るぎなき信念」がかかっていて、スタジオの空気がまるで劇場のよう。

カメラの前に立つと、永井の美しい肉体美が映える。まずは腕組みのポーズから。デザイナー「より、でかい感じで」「上からモノを見ている人として、睨みつける感じ」、カメラマン「もっと大きく、睨むように」「強く強く」など、次々に指示が飛んだ。その声に応えて、永井はよりパワフルになり、どんどん迫力を増していく。その様子を見ていると、ラオウという役は、やはり人並外れたエネルギーが必要なんだと実感する。

永井は時折、モニターを確認しに来て、「ここは肘を曲げたほうがいいですね」など、自分で考えてポーズを変えていく。ラオウといえば「我が人生に悔いなし」、拳を天に突き上げたポーズでは、「100回くらいしないと(笑)」と意欲を見せた。

永井はすでに何かをつかんだのか、目を見開き、非常に殺気立った鬼の形相に。カメラマンも魅せられたようで、「やばい、かっこいいね!」と言いながら、シャッターを切る手が止まらなかった。これは新ラオウ、期待大だ。

 

 

 

◆ラオウ: 福井晶一(Wキャスト)

 

 

トップバッターは初演から続投の福井晶一。「まずドーンといてください」とのデザイナーの言葉通り、筋肉隆々、堂々とした佇まい。赤いマントが目にまぶしい。「かっこいい!ナイス!ヘイ!」とカメラマンの掛け声に合わせて、福井はマントから腕を出す、立ち方の重心を変える、握りこぶしを作る、手を広げる、腕組みするなど、さまざまなスタイルを繰り出した。

次に、マントに動きをつけたバージョンの撮影。デザイナー曰く「前から風に吹かれている感じにしたい」。スタッフが福井の左右に位置し、マントに風をはらませ、フッと後ろに持ち上げては落とす。

ここで原作の版元スタッフが「グォーやりましょう!」と福井に漫画のコマを見せた。すると、福井はカメラに手のひらをグッと向け、口を開けて「グォーーッ」と叫ぶ。スタジオの空気が振動するようで、まさにラオウ降臨!モニターを見ていたスタッフ陣は「パーフェクト!」「やばいね」と口々に。福井は片膝をついて、再び雄叫び。神々しさに満ちていた。

 

 

 

◆レイ:三浦涼介

 

 

こちらも初参加となる三浦。黒髪に青いレザーのベストがよく似合う。三浦はカメラの前に立つと、突然ポーズをとって周りの人々を驚かせた。多分、この撮影のために事前にリサーチし、いろいろと考えてきたのだろう。それを見た版元スタッフが「ぜひ、これをやりたい!」と、漫画を見せながら三浦に説明をし始めた。レイといえば南斗水鳥拳。指先が鋭利な刃物と化して敵を切り刻むという、必殺拳が有名だ。三浦は両脇と両腕の角度、指のそらし方など、鏡を見ながら細かく調整し、ポーズをとった。デザイナーが「いい顔してますね!」と感嘆する。

シャッター音とともに、三浦の表情が面白いくらいにどんどん変化していく。横向きをリクエストされると、両腕を大きく広げ、まるで見得を切るように激しくカメラを睨みつけた。「すごいのがきた!」とカメラマン。いやはや、底知れぬ表現力とはこのことか。それに乗じて、デザイナーも「狂気の目をください」「今のはアグレッシブだったので、次は悲しみを込めて」と振り幅のあるリクエストを出し、三浦はそれに何の苦もなく応えていく。最後には「普通の顔も撮らせてください!」と言われ、三浦から思わず笑みがこぼれた。この新たなレイが舞台に上がったらどうなるのだろう?もはや楽しみでしかない。

 

 

 

◆リュウケン:宮川 浩 

 

 

宮川は今回が初参加。リュウケンは第63代北斗神拳伝承者として三兄弟を導く、重要な役どころだ。デザイナーから説明を聞いてから、撮影はスタートした。

「重々しい感じでドーンと立ってください」の声に、まさに仁王立ちになった宮川。地に足がつき、重心が感じられる立ち姿。そこにいるだけで、存在感を放つというのは重ねてきた経験から来るものだろう。カメラマンも「いいですね!味わい深い」と感嘆する。「顔を振って」「顎を上げて、下げて」「目力強く」との細かいリクエストで、どんどん雰囲気が変わっていく。まさしくコール&レスポンス、何かセッションのようなものを見るようで、目が釘付けになった。

特に肩越しのアップの撮影は、宮川の真骨頂。表情のひとつひとつ、顔のパーツのひとつひとつにそれまでの人生が刻まれているというか、奥行きが半端ない。デザイナーが素直に「いい顔だ!」と呟く。そのいい顔とは、まさにリュウケンの歩んできた激しい道のり、北斗神拳を伝承するための葛藤や苦悩など、“想像させる”顔なのだ。これぞベテランの底力と言えるだろう。

この先、稽古を重ねて立ち上がる宮川のリュウケン、見どころのひとつになるに違いない。

 

 

 

◆トウ:AKANE LIV

 

 

まっすぐなロングヘアにヘッドバンドをつけたAKANE LIV。スタイルの良さが際立つドレス姿で、「きれい!」と声が上がった。清楚で品があり、実にチャーミングだ。

撮影が始まると、AKANE LIVはスッと立つ、手を前に組む、横を向いて自分の手を見るなど、さりげなくナチュラルに次々と表現していく。「ドラマチックに立って」という抽象的なリクエストでさえ、いとも容易く表せることに舌を巻いた。控えめでありながらも、強い意志のようなものが端々に伝わってくるから興味深い。ユリアに仕え、長くラオウを思い続けるトウをすでに演じているのか、それともAKANE LIV本人から出るものなのか。

「片膝をついて悲しい雰囲気で」「悲しいけれど、少し微笑んでいるような」とのリクエストにも、間髪入れずに応えていく。「一言言うと、どんどん出てくるから素晴らしい。さすがとしか!」とデザイナーも感動。カメラマンも熱が上がり、「きてるね!」を連発。実際、モニターに映る画像はどれもドラマチックでまるで絵画みたいだ。

舞台ではトウとは全く違う、ミスミの村の住民トヨも演じることになる。AKANE LIVの一人二役、必見だ。

 

 

 

◆マミヤ:清水美依紗

 

 

清水は今回の『フィスト〜』がミュージカル初舞台。ロングブーツに丈の短いワンピース姿の清水は、少し緊張した面持ちで現れた。原作漫画からそのまま飛び出したような衣裳が印象的。撮影スタート。「闘う人のイメージ。後ろに自分のチームを率いている気持ちで」と言われ、清水は「はい!」と元気良く。普段は可愛らしくフレッシュな雰囲気の清水だが、ここではよりカッコよさ、強さが求められる。「気分を入れて。重心をしっかり地に足がついた感じ」「片手を腰に当てて。ドーンと立つ」「顎を上げて、下げて」など、次々にカメラマンとデザイナーから指示が飛ぶ。その声に応えるべく、清水はさまざまなポーズと表情を繰り出し、食らいつく。時折こぼれる笑顔が何とも清々しく、愛らしい。

肩越しのアップ撮影ではキリッとした表情を求められ、クールで凛とした面持ちに。それまで見せなかった清水の新しい顔に、スタッフ陣は「大人の美依紗、きたね!」と喜んだ。

清水の圧倒的な歌声を『フィスト〜』で聴けることが嬉しいし、ミュージカルファンを驚かせるだろうという期待もある。この挑戦を応援したい。

 

 

 

◆シン:上田堪大(Wキャスト)

 

 

初演から続投となる上田のシン。ボリュームたっぷりのファーをごく自然に着こなしてのスタジオ入り。その上、試し撮りの時点からバシッと型を決めてきた。シンの南斗孤鷲拳は突き刺して破壊するタイプの必殺拳。ケンシロウの胸にある七つの傷はシンによるものだ。シンの強さはかなりのもので、その点、武道経験者の上田は身体が利くし説得力がある。デザイナーもカメラマンも「既に出来上がってますよ」と感心しきりだ。

衣裳を調整したあと、同じポーズでマントに動きをつけると、躍動感たっぷりの画が生まれた。カメラマンが「目力強く」と声をかけると、美しい顔が一気に締まった。「いいね!カッコいい!」と次々とシャッターが切られていく。

デザイナーが「Nextポーズありますか?」と上田に聞くと、右手をまっすぐカメラに突き出した。ワイドレンズで撮っているため、まさに劇画のような迫力。「未知なる世界に突入した!」とカメラマン。顔のアップでは「肩越しに、セクシーに振り向いて」「今度は左右変えて振り向いて」「もっとニヒルに」などのリクエストに対応。こんなイケてるカット、見る人はノックアウトされること間違いなしだ。撮影後にモニターを見ながら、「実は昨夜寝違えちゃって」と上田。そんなそぶりは見せず、見事に乗り切った精神力に拍手。舞台でもまた華麗に暴れてくれることだろう。

 

 

 

◆シン:植原卓也(Wキャスト)

 

 

金髪ロングヘアに、首元にはふわっふわの豪華なファー。ヨーロッパ風貴公子スタイルを見事に着こなした植原は初演から続投しているだけあって、最初からシンそのものだ。指示されなくても、自ら縦横無尽に動き、どのポーズもはまっている。煌びやかな衣裳をまといながらも、チラチラと垣間見せる凄まじい狂気。怖くて美しい。美しくて怖い。シンのユリアに対する愛情…こんな人に愛を見せられたら、最強と言うしかない。

植原はゴージャスな金のマントをパァッと広げ、翻し、スタジオの空気を変えた。デザイナーが「その場で飛んでみて」と言うと、シャッターのタイミングに合わせて華麗にジャンプ。カメラマンが「いいね!どの絵も様になってる。何でもできるんですね。無駄打ちゼロ」と絶賛。モニターを見ると躍動感たっぷりの画像が並ぶ。早く、舞台でのシンが見たくなった。

顔のアップ写真も、植原は目線の使い方が本当に上手い。「もう少し目力ください」と言われると、絶妙なバランスで表現できる。デザイナーやカメラマンが何を欲しがっているのか、即キャッチして表現する勘のよさ。撮影の合間にはたびたび、自身でモニターをチェックし、細かい自己修正も怠らない。

撮影はサクサクと進み、強烈な瞬間がたくさんカメラに収められた。舞台でもこの狂気、再び味わえることだろう。

 

 

 


【公演概要】
ミュージカル『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~』

<東京公演>
期間:2022年9月25日(日)~30日(金)

会場:Bunkamuraオーチャードホール
主催:ミュージカル『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~』製作委員会

<福岡公演>​
期間:2022年10月7日(金)~10日(月祝)

会場:キャナルシティ劇場
主催:キャナルシティ劇場/サンライズプロモーション東京
協力:キョードーマネージメントシステムズ
お問い合わせ先: キョードー西日本 0570-09-2424(11:00~17:00日・祝休)
URL:http://www.canalcitygekijo.com/performance/25232

企画制作:ホリプロ

<スタッフ>
原作:漫画「北斗の拳」(原作:武論尊 漫画:原 哲夫)
音楽:フランク・ワイルドホーン
演出:石丸さち子
脚本・作詞:高橋亜子
編曲・オーケストレーション:ジェイソン・ハウランド
音楽スーパーバイザー:塩田明弘
振付:顔安(ヤン・アン) 辻󠄀本知彦
音楽監督・編曲:村井一帆
美術:金井勇一郎
照明:日下靖順
音響:山本浩一
衣裳:前田文子 竹田団吾
ヘアメイク:馮 啓孝
追加音楽:ジェイク・ワイルドホーン
アクション:渥美 博
映像:上田大樹 大鹿奈穂
フライング:松藤和広
歌唱指導:林アキラ
稽古ピアノ:中野裕子
演出助手:菅田恵子 矢本翼子
舞台監督:広瀬泰久

<キャスト>
ケンシロウ: 大貫勇輔
ユリア:平原綾香/May’n(Wキャスト)
トキ:小西遼生
ジュウザ:伊礼彼方/上川一哉(Wキャスト)
シン:植原卓也/上田堪大(Wキャスト)
マミヤ:清水美依紗
トウ/トヨ:AKANE LIV
リュウケン他:宮川 浩
レイ:三浦涼介
ラオウ: 福井晶一/永井 大(Wキャスト)
バット: 渡邉 蒼
リン:山﨑玲奈/桑原愛佳(Wキャスト)
 
リハク他:中山 昇
ダグル他:宮河愛一郎
青年ラオウ他:一色洋平
青年トキ他:百名ヒロキ
フドウ他:澄人
ミスミ他:齋藤桐人
岩瀬光世
輝生かなで
坂口杏奈
LEI’OH
小板奈央美
柴田実奈
島田惇平
野間理孔
森内翔大
熊野義貴(スウィング兼)

邵 治军 (シャオ・ジイジュン)
黄 凱(ホワン・カイ)
陳 健国 (チェン・ジェングゥオ)
蔡 晓强 (ツアイ・シャオチャン)
李 悦  (リ・ユエ)
王 思蒙 (ワン・スメン)

公式HP=https://horipro-stage.jp/stage/musical_fons2022/
公式Twitter=https://twitter.com/musical_fons #アタタミュ #北斗の拳ミュージカル

特集・PICKUP一覧に戻る