ホリプロステージ

  • LINE
  • Youtube
  • Twitter
  • Instagram

ホリプロチケットセンター

03-3490-4949

11:00~18:00(平日)/ 定休日(土・日・祝)English

ホリプロステージ

チケット購入

FEATURE・INTERVIEW

特集記事・インタビュー

舞台『血の婚礼』取材会動画&あらすじ漫画公開!MARUZEN&ジュンク堂書店にてスペシャルコーナー開催決定!「血の婚礼ビジュアル衣裳&パネル展」も開催中【木村達成、須賀健太、早見あかり、安蘭けい】

  • 動画
  • お知らせ

2022年8月13日(土)

 

 

左から)杉原邦生(演出)、早見あかり、木村達成、須賀健太、安蘭けい

 

今秋9・10月に東京・シアターコクーンにて上演されるスペインを舞台にした愛の悲劇『血の婚礼』。8月10日(水)に開催された取材会とトークイベントのダイジェスト動画、レポートが公開。あらすじ漫画も公開されたほか、8月11日(木)からは、東京公演の会場に隣接した東急百貨店本店の中で「血の婚礼 ビジュアル衣裳&パネル展」も開催している。また、8月17日(水)より、東急百貨店渋谷本店 7階MARUZEN&ジュンク堂書店内で、舞台『血の婚礼』×スペイン作品コーナーが開催さることも発表された。

 

 

《取材会レポート》

レポート文:小杉厚

 

 9月15日から上演される舞台『血の婚礼』の製作発表が、8月10日(水)に東京會舘にて行われた。

 登壇したのは演出家の杉原邦生、俳優陣はレオナルド役の木村達成、花婿役の須賀健太、花嫁役の早見あかり、母親役の安蘭けいの5名。稽古は始まったばかりながら、演出家、俳優陣の掛け合いは早くも息がぴったり。作品へのそれぞれの抱負のあとは質疑応答の時間が取られた。

 これは人間のドロドロした部分を描く作品か、と問われた杉原は、「結婚式当日に花嫁が元カレと駆け落ちする話です」と軽妙に語って笑いを誘う。さらに「愛と欲望へ突っ走る若者の姿は、清々しくてかっこいいし、美しい」とコメント。さらに新翻訳により俳優が言いやすく、観客が聞き取りやすい台詞になっていることに触れた。

 

左から)杉原邦生(演出)、早見あかり、木村達成、須賀健太、安蘭けい

 

これを受けて木村が、韻文が含まれている台詞には歌いにいくような部分、さらにラップバトルのようなところもあると明かす。そして「最近、愛を感じること」というエピソードトークでは早見の娘を愛してやまない思いが語られると、登壇者たちもほっこりした雰囲気に。

 そこに須賀が、行きつけの寿司店で頼む「二種のウニと一種のイクラ丼」に、三種のウニが載っていたときに愛を感じたという話にみんなも爆笑! そして話題は五分の四拍子という独特なリズムの楽曲もあるという、今回の劇中音楽へと移った。

 杉原は音楽を担当した角銅真実について、以前にも音楽を依頼していること、彼女の作品にはおおらかな部分と尖った部分の両極端が存在するのが魅力だと語る。愛にもおおらかなやさしさと狂気の両極端な部分があると指摘し、「俳優に楽曲が染み込めば、いいものになる予感がする」と、音楽が作品の魅力を引き出してくれることへの期待を言葉に滲ませた。

 早見も「いろいろなところにメロディが出てくるので、観客のみなさんにも覚えて帰っていただけるのでは」とコメント。さらに木村も「この楽曲には魔力を感じる」と語り、ミュージカル経験者であっても歌うのは難しい楽曲と、歌い手視点での感想を話す。

 

左から)早見あかり、木村達成、須賀健太

 

須賀は「僕もみんなに早く追いつかなければと思いますし、生演奏の舞台はこれまでにも経験させていただきましたが、寄り添いながら一緒に作っていく感覚が大きいので楽しみです」と笑顔で話した。

 安蘭は「個人的に昨日の歌稽古がすごく楽しくて!」としっかり手応えを感じている様子。『血の婚礼』のパブリックイメージにとらわれない、とても気持ちよく歌える曲だと語る。また「もう一回!」と何度も稽古を繰り返した、杉原の意外な一面を暴露(?)。

 高校時代、学校行事に燃えるタイプだったのがここで出てしまったと苦笑する杉原。「でも、一人で役を突き詰めると、別の方向に走っていってしまうこともあると思うので、このタイミングで歌稽古をして、みんなでグルーヴを作れたのはよかった」という彼の言葉に、深くうなずく4人だった。

 

 

―コメント

■演出:杉原邦生

杉原邦生(演出)

今はドキドキしている部分もありますが、今回は翻訳の田尻陽一先生に新訳の台本を作っていただきましたので、みなさんに届きやすいものになっていると思います。そしてご覧の通り、美しいみなさんがドロドロの悲劇を演じてくださるので、その汚れっぷりに注目していただくと、楽しんでいただけるのではないかと思います。

 

■レオナルド:木村達成

木村達成

この作品に出てくるキャラクターは、おのおのの欲望を持って突っ走っていきますが、なかでもレオナルドはこの作品の中で唯一、名前を与えられています。翻訳の田尻さんとお話しした際に「レオ」というのは百獣の王ライオンを意味していて、男の中の男――ガルシア・ロルカが思い描いた理想の男性という役柄ということなので、自分にしかないオーラをもって、この作品のために務めていきたいと思います。

 

■花婿:須賀健太

須賀健太

花婿という役柄は、お客様に一番親近感を覚えていただける、物語の入口になるような役だと思います。花嫁を奪われる役ですが、欲望を始めとするいろいろな人間の側面を表現して、かわいそうなだけの人にならないようチャレンジをしたい、頑張っていきたいと思います。キャストのみなさんとも徐々に意思疎通ができてきていますが、今日は僕だけ上着を羽織っていて、浮いているのでは? と不安で(笑)。そこもこれからの稽古で合わせていきたいと思います。

 

花嫁:早見あかり

早見あかり

どのキャラクターも愛に対しての熱量がすごいので、今はまだ本読み稽古の段階ですが、稽古終わりはドッと疲れてしまっています。それぐらいパワーが必要ですし、このパワーをもって今、舞台でやることに意味があると思っています。私たちの熱量を生で感じていただくのが舞台をやる意味だと思うので、お客様に伝えられるように稽古でブラッシュアップしていきたい。とにかく体力勝負だと感じるので、よく寝てよく食べて一生懸命稽古したいと思います。

 

母親:安蘭けい

安蘭けい

夏の暑さに負けないくらい、熱い熱い舞台をお届けできるのではないかと思います。最初は台詞の多さに覚えられるかなと思いましたが、みなさんと本読みをすると物語が自然と自分の中に入ってきて。明るい兆しが見えてきたのでホッとしています。立ち稽古では20代の3人のパワーをいただき、それ以上のパワーで母親役に挑みたい。愛憎あふれる激しい舞台ではありますが、生演奏などエンタメ要素もある作品ですので、杉原さんの演出に期待しています。

 

取材会ダイジェスト動画


東京公演は今秋9月15日(木)~10月2日(日)渋谷・Bunkamuraシアターコクーン、2022年10月15日(土)~16日(日)大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティにて上演。チケットは絶賛一般発売中。

公式HP=https://horipro-stage.jp/stage/chinokonrei2022/
公式Twitter=https://twitter.com/chinokonrei #舞台血の婚礼

 


あらすじ漫画公開中!

8月10日より、舞台『血の婚礼』のあらすじを漫画化したWEB漫画が、電子書籍サイト「honto」にて無料公開された。
出演者をイメージしたキャラクターデザインにより、『血の婚礼』という作品をより分かりやすく理解することができるものとなっている。
https://honto.jp/ebook/pd_31894426.html



スペシャルコーナーの開催が決定!

舞台『血の婚礼』×スペイン作品コーナー in MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店(東急百貨店渋谷本店7階) 開催決定!


【場所】
東急百貨店渋谷本店 7階MARUZEN&ジュンク堂書店内

【期間】※予定
8月17日(水)~未定 ※開催期間は変更の可能性があります。

【展示内容】
■ スペインの戯曲『血の婚礼』にあわせた、スペイン作品コーナー
舞台「血の婚礼」の上映を記念して、作品の舞台となったスペインにスポットあて、スペインにまつわる作品を集めました。また、同時に「血の婚礼」をコミカライズした作品関連展示も行います。この機会に是非スペイン作品に触れてみてはいかが。


舞台『血の婚礼』×ミュージカル『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~』
スペシャルパネル展in東急百貨店渋谷本店 開催中!

開幕がより楽しみになる、両作品のスペシャルパネル展の開催が決定いたしました!



【場所】
東急百貨店 渋谷・本店4F特設スペース

【期間】
8月11日(木祝)~8月31日(水)


【展示内容】
■ 舞台『血の婚礼』
木村達成、須賀健太、早見あかり、安蘭けいがビジュアル撮影時に実際に着用したファッションブランド ツモリチサトの衣裳や
4名のサイン入り等身大パネル、各キャストをイメージしたキャラクターを使ったARフォトフレーム等

■ ミュージカル『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~』
公演・宣伝で使用している、ケンシロウ役大貫勇輔、ユリア役平原綾香・May’nの前田文子デザインによる舞台衣裳、メインキャストのビジュアル大型パネル、2021年世界初演時の舞台写真等。
※舞台衣裳の展示は8月21日(日)までとなります。

ぜひ、写真を撮影して、SNSで『#舞台血の婚礼』 、『#アタタミュ』のハッシュタグをつけて投稿してください♪
期間限定の特別展示です!ぜひ、お立ち寄りください!
※営業時間や休業日は事前に東急百貨店渋谷本店のHPをご確認ください。

 


【公演概要】
舞台『血の婚礼』



<東京公演>

期間:2022年9月15日(木)~10月2日(日)
会場:Bunkamuraシアターコクーン
主催・企画制作:ホリプロ

<大阪公演>
期間:2022年10月15日(土)~16日(日)
会場:梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
主催:梅田芸術劇場

https://www.umegei.com/schedule/1064/

<スタッフ>
原作:フェデリコ・ガルシーア・ロルカ
翻訳:田尻陽一
演出:杉原邦生
音楽:角銅真実、古川麦
美術:トラフ建築設計事務所
照明:齋藤茂男
音響:稲住祐平(エス・シー・アライアンス)
衣裳:早川すみれ(KiKi inc)
ヘアメイク:国府田圭
振付:長谷川風立子(プロジェクト大山)
殺陣:六本木康弘
演出助手:河合範子
舞台監督:足立充章

<キャスト>
木村達成
須賀健太
早見あかり

南沢奈央
吉見一豊
内田淳子
大西多摩恵
出口稚子
皆藤空良

安蘭けい

<演奏>
古川麦
HAMA
巌裕美子

公式HP=https://horipro-stage.jp/stage/chinokonrei2022/
公式Twitter=https://twitter.com/chinokonrei #舞台血の婚礼

特集・PICKUP一覧に戻る